FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
無条件入手カラーのリュック
2015-05-18-Mon  CATEGORY: カメラ・写真
フェールラーベン カンケン16L




これはとにかく色!こういう色が欲しかったというブルーグレーの色味。
さらに!カンケンクラシックバッグ専用のカメラインサートバッドの存在を同時に知ったので、天啓か?!(違っw)と購入を決定。
これで夏に暑苦しい人にはならない・・・・筈(笑)

「水色」のリュックなら

これでいいのじゃないかとも思った。

コンビカラーのキャメルが好みではなかったのと、ピーコックブルーの色味が嫌いではないけれど、財布の紐を緩めるまでには至らなかったということ。
そしてKANKENのスカイブルーの色味はそれだけで財布のひもを緩めたくなるくらいに好みだったということ。
UNブルーなら、フォレストグリーンなら「お!」と思っても手は出さなかったかもしれない。
それだけの差。たかが色、されど色。

いや、知っていましたよKANKENね、うんうん知っているって!嘘じゃないって!
よく電車の中で女子が持っているアレでしょ?
小柄な女子がよく持っているのを見るよ。ほどよい大きさなんだろうね。
あのマークを初めてみた時は、横向きの犬の顔かと思ったが狐だった(笑)
少なくともそのままスルーするような色だったのだろう。
もし水色系、スモーキーなブルーグレーならその場でロックオンする筈だから(ヤメレ)

参考
KANKEN本体:11000円(税別)
カメラインサート: 6000円(税別)
ショルダーパッド: 3000円(税別)
すべてフェールラーベン

横浜店在庫なし

日比谷店在庫有り。但しカメラインサート在庫なし

立川店はセットで揃う

よし立川にGO→GET!

これらの店舗はフェールラーベン日本公式サイトのショップ情報にはない。
何故だ??

こういうことらしい
カンケンバッグのフェールラーベン 15年春夏から国内代理店を変更

今まで国内展開していたエスエスケイのショッフェルショップ情報
店舗名を「フェールラーベン」から「ウォークポイント」に変更しましたが、取り扱いは変わらないそうです。
今でもググると「フェールラーベン横浜店」でみなとみらいの店舗がヒットします。

ウォークポイント立川店には2015年5月18日時点で
KANKEN COLOR:Sky Blue 501とカメラインサートが各1残っていました。


この形に抵抗がなくなるとキャス・キッドソンのバックパックもありだと思う(笑)


か、買わないんだから!!←正しくは”買えない”(笑)



コメント0
カメラバッグ 二代目
2015-05-14-Thu  CATEGORY: カメラ・写真

カメラバッグを探すのではなく、カメラバッグになりそうなバッグを探す旅に出たルンルン一行は素敵な花柄のバッグに出会います。
「まぁ、なんて素敵なんでしょう」
「それにこのブルー、まるでセルジュさんの帽子の色の様だと思わない?ねぇヌーボ」
「ルンルン、それはキャス・キッドソンのオールディバッグのレインボーローズ柄(ブルー)だよ」
「まぁ、キャトー詳しいのね」


Cath Kidston The All Day Bag Rainbow Rose True Blue
生成りがあったら合わせやすかったのに、この形ではブルーだった((+_+))
柄とアイテム展開がまちまちなので、この形でこの色柄がよかったのにー・・・・・ってなコトはよくある。
ハクバ インナーソフトボックス(水色)ごと移植して使用中。
D5200+105mmマクロ+広角レンズが収納可能。


スマン、この色のリンクしかなかったorz


薔薇柄、ブルー系の服以外には激しく浮くかと思いきや、そうでもなかった。
出掛ける時の母親の一言
「やっぱりそれいいじゃない。前のは今思うと変だったw」
Σ(´Д` )
今更だし、もう手元に無いからいいや・・・・
今の私はこれでいい!!と思えばあまり気にならない。
造りもしっかりしているし、ビニールコーティング素材なので長く使えそうです。



ルンルンならバックパックの方が可愛いかも。



ショップで見た時は、ない、この形はない。とスルーした。まさかあんなことになると思わなかったから。
今あらためて見ると可愛い。欲しくなる(笑)



コメント0
女子用カメラバッグはもういらない?!
2015-05-13-Wed  CATEGORY: カメラ・写真
五月3


バッグ1個にカメラも他の荷物もすべて入れたい

女子は荷物が多い(というか私は荷物が多い)

女子のファッションは十人十色(私は万年アレだ((+_+)))

今まで随分とカメラ女子向け(?)カメラバッグ、カメラポーチを見てきたけれどコレ!と思えるものにお目にかかったことが無い。
そのうち、可愛いでしょ!とばかりにチェックや水玉や花柄を多用されたり、何かというとキャメルのレザーと組み合わせてあったりするのにうんざりしてきた。

それに、だ!カメラバッグとして作ってるとカメラバッグとしてしか使えない。

服や出掛ける場所に合わせてカメラバッグを用意したら、一体幾つバッグが必要なのだ?!?ってハナシ。

そこで、だ!カメラも入るバッグインバッグを作ればいいのだ!

バッグからバッグへ移し替える方が楽だし、手間もかからない。
カメラだけのバッグインバッグはあるが、その他トータルでのバッグインバッグが無い。
トートバッグで使うことを想定して、横長のカメラインサートは持っている。
その周囲に鍵やガジェット類、小物やA4ファイルが入る様なポケットがあればいい。

ポケットだけ自作して付けりゃいいのか・・・・・←あ!

女子カメラ小物メーカーでもハクバでもエツミでもいいけれどさ、周りにポケットの多い可愛いカメラ用バッグインバッグを作ったらどうだろうか。



コメント0
カメラバッグ遍歴と現時点での落とし所
2015-05-12-Tue  CATEGORY: カメラ・写真

初代カメラバッグ
ハピタス タウンショルダー(アリスグレー)
これにハクバ インナーソフトボックス(水色)を入れてカメラバッグにしていた。
D5200+40mmマクロと広角レンズが収納可能。
D5200+105mmマクロだとそれだけでもう満員(笑)

購入の決め手は、キャリーカートの取っ手に通せること。
ローレフォトを撮るための大阪遠征のために購入。
モノトーンのアリス柄とショルダーの形が可愛くて気にっていたので、以後2年間活躍。
スナップが壊れたのと、大分汚れてきたので断捨離。

会社に行くときなどは、メインバッグ+カメラバッグという使い方でした。



撮影に出かける時用にリュックが欲しい。
元から持っていたコールマンのリュックは小さかったので、大きくてしっかりしたものを・・・・・
ポーターも欲しかったし、ポータータンカー30周年限定迷彩なんて一旦は手に取って財布まで出しかけたくらい
グラグラ迷った。迷彩だけにね(笑)

決定打に欠けたまま、いたずらに時は過ぎ・・・・・
そしてアッソブ ナイロン デイパック ブラックを購入。

ASSOV アッソブ EXCLUSIVE BALLISTIC NYLON DAYPACK ナイロン デイパック ブラック


ショップでモノを入れさせてもらって背負った所、肩の負担が少なくて体にしっくりきて感動して購入。
今までのリュックは何だったんだ?っていうくらいの衝撃のカ・ン・カ・ク(笑)

普段の服装に合わないことは解っていたものの、機能に惚れて購入。
一部レザーが使ってある為に大雨の時には使えないという、形の割にはヘタレなところあり(笑)
カメラ仲間にも「服とあわねーwww」と笑われつつ使っています。

冬はまだしも、夏になったら暑苦しい。
さて、どうするか。このまま夏を駆け抜けるか(^_^;)



アリス柄ショルダーの後継機として購入を予定していたムーミンショルダーバッグ(ミィの柄・黒)はうかうかしていたら売切れ。
目途のついていたバッグ探しが振出しに戻る(^_^;)

もうレスポでも買ってしまおうか・・・・
落とし所はおろか、決定打もないまま連休は終わったのであった(笑)



コメント0
カメラバッグに正解はない
2015-05-11-Mon  CATEGORY: カメラ・写真
五月10

妥協した落とし所が着地点。

いや、「これ以上でもこれ以下でもあり得ない」今のカメラバッグがパーフェクト。
「これを一生使い続ければ困らないから、同じものをスペアとして買ってあるくらい」
なんていう人もいるかもしれません。

でもね、大半の人はパーフェクトではない。
いつかパーフェクトなバッグに出会える日を夢見て、手元のバッグをこんなものかと使っているケースの方が圧倒的ではないかと思う。

たとえこだわるあまり、自作したとしても使っていくうちに改善点が出てきたり・・・・・といつも100%の満足にはならないものではないだろうか。

結婚だってそんなものではないだろうか?
例え容姿も性格も、その他の条件がパーフェクトでも一緒に暮らすうちに「アレ?!」ってなコトが出てくるものだと。
今の亭主と暮らしながら、いつか理想の白馬に乗った王子様が来るのを待っているとでも。
ねーわ。ソレ、ねーわ(笑)

そう思うとですね、バッグでもカメラバッグでもパーフェクトなんて求めなくてもよい結論に至るのです。
そうすると気が楽になるのです。

だいたい、お財布だって買換えた時は「ココがこうだったらパーフェクトなのになー」みたいに思って使い始めて、段々使い勝手に馴染んでゆくもの。
そして、すっかりその運用がスタンダードになった時に買い替える時期が来たりするもの。


今のリュックも服に合わないとか、そんなことは自分一番解っている。
でもだからといって、ムック本のペラペラの耐久性に疑問のあるリュックは使いたくない。
今着ている服も、カメラマンを生き方の一つにすることも私のアイデンティティーなので笑われてもいいや、と開き直っております、ハイ。
嫌な人は見なければいいし、ねーわ。ソレ、ねーわ(笑)とでも何とでも言えばいい。
それはその人の自由だし、私にも私の自由がある。

惚れた弱みではないけれど、何かすごく気に入っているところがあれば、その他は「こんなモンよね」と受入れることが出来るってもんだ(笑)

何の話でしたっけ?
カメラバッグの話ですが、何にでも当てはまることかもしれませんね(^_^.)



コメント0


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.