FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
夏休み・ちびっこ建機フェア2012
2012-06-26-Tue  CATEGORY: 建設機械
5月の末頃、キャタピラージャパンの秩父デモセンターで開催される「夏休み・ちびっこ建機フェア2012」に応募しました。

応募要領

ちびっこ建機フェアだから家族連れがメインだとは判っていたので、キホンはスルーの予定でした。
しかし、どこかのブログで見てしまったのです。建機の写真が印刷された落選はがきを(笑)
往復はがきなので、画質は良くないけれど記念になると思って応募した。
代表者の年齢はもちろん、来場者の氏名と年齢も必須項目だったから正直に記入。
年齢を見たら、大人二人って判るから落選はがきを送ってもらえると思ったのね。

そ・し・た・ら・まさかーーーの当選。

正直言えばもちろん嬉しいです。感謝(-人-)

ただですね、招待は二人なんですが、大人1人、子供1人って・・・・
大人二人で参加って規定通りに書きましたよね?なのにコレかい(笑)

でも、せっかくだから行きます。
何なら家族に半ズボンはかせて行きます(笑)
スポンサーサイト



コメント0
鑑賞のツボ
2012-06-09-Sat  CATEGORY: 建設機械
美術品の鑑賞ポイントではもちろん無くて(笑)

私の、あくまでも私の燃えポイント。

タイプミスじゃありません「萌え」ぢゃなくって「燃え」なんです。私の場合ww

ついでに私は「鉄子」ぢゃありません。多分・・・・

新幹線なら「パンタグラフ」が個人的鑑賞の燃えポイント。

では建機なら?

「サスペンション」

サスペンションのあのツヤピカのメタルな部分。美しすぐる・・・・

アームも好きですが建機によっては形状が違うので、建機全般としてはサス。

建機は働く車なんです。

だから頑張れば頑張るほど汚れるんです。

泥だらけなんです。

だけどサスはツヤピカなんです。

だってサスペンションだもの。

稼動しますからいつでもツヤピカ。

それはさながら泥沼に咲く蓮の華。


それはさながらこの人間界に光臨した弥勒菩薩。

汚れないその存在と美しさ。

002.jpg

新幹線なら「パンタグラフ」

建機なら「サスペンション」

それが私の燃えのツボ(笑)
コメント0
気持ちとはウラハラに・・・・
2012-06-09-Sat  CATEGORY: 建設機械
一週間ぶりの更新となってしまいました。
まぁ、移転したばかりで見て下さっている方も一ケタレベルなので、問題ないっちゃないヾ(ーー )ォィ
それでも毎日とは行かなくても2-3日に一回くらいの割合で更新したいなー、とかこれから新規の読者さんを増やしたいなーなんて野望もあったわけですよお( ̄o ̄)い( ̄△ ̄)お( ̄o ̄)い( ̄△ ̄)
冗談はさておき

「2012コマツ茨城工場フェア」に行ってきました(●⌒∇⌒●)
取れるとは思っていなかった舞台の千秋楽ライブビューイングのチケットを里子に出してまで(笑)

家族の協力の下、臨時駐車場に到着。。。激しく原っぱ!!いたいけに生きている葉っぱさんたちを踏み潰して征け、と。
というか原っぱ広っっ!!ここに車が全部来たら大変なことになるんじゃ・・・・

001.jpg

シャトルバスで会場へ。
まずは建機の試乗のくじ引き。既にみんな並んでいます。
このイベントの趣旨が主に従業員と家族への福利厚生的意味合いの強いイベントの様子。
組立工場見学では「ここでめっちゃ組み立ててる」と得意そうに家族に語っているのを何組も見かけました。

試乗のくじは外れると建機のカードかミニ団扇を貰えます。
外れたけれどカード貰ったv(。・・。)
そして家族が見事に試乗の権利を!
誰か一人でも当てれば、子供も含めて4-5人の家族OKらしい。
お陰でまんまと建機に試乗出来て楽しかったぁ!!
Y150で建機のお祭りで運転席に座ったけれど、助手席やその後ろでも今回は動くのよ!坂を上がって、直線を往復したり、荷台の昇降デモとかしたり・・・・

003.jpg

工場の中もじっくり見学して建機を堪能した一日でした。

臨時駐車場に戻ると1/5位の残してほぼ埋まってたw|;゚ロ゚|w

来たときには帰りにジョイフル本田に寄るつもりでしたが、やめて帰宅。
工場エリアなので、結構歩いて疲れてしまったのですね(笑)

建機も沢山見ることができたし大満足。
連れて行ってくれた家族に感謝♪(o ̄∇ ̄)/
コメント0
写真の編集 試行錯誤中
2012-06-02-Sat  CATEGORY: ツール・雑貨
写真が大きい上くて、イマイチだったのでアプリで組み合わせてみた。

PCで使えるソフトも探さないと。

これはテスト
2012060202 002

過去記事(といっても激少ないけれど)も写真を修整しました。
コメント0


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.