FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
2013年梅納め
2013-03-11-Mon  CATEGORY: カメラ・写真
日曜日にカメラ2台、レンズ2本、三脚を自転車に装備して近場の梅園に行って来ました。
この週末2日間は梅まつりも開催されていましたが、満開から散りに向かっていましたね。それも風情。

相変わらず数撃ちゃ当たる撮り方ですが、さすがにフィルム式ではその方法を採っていたら27枚撮りなんてあっという間に撮り切ってしまうので、下手なりに構図を考えて慎重に撮りました。お陰様で”落ち着いて””じっくり撮る”という気づきと実践を体験させてもらいました。

・・・・にしても、取説がないのでボタンの操作が今一つ解らない(笑)
電源ON出来るまでに5分ほど格闘したwww
よく解らなかったので、とりあえずPモードで試し撮り。

現像するまで結果の解らないカンジがいいですね。

そしてモノクロフィルムもどんな写りか試してみたくてウズウズ。
デジタルでもモノクロモードはあるけれど、銀塩写真のモノクロはまた格別の味わいがありそうに感じませんか。

日本人的滅びの美学なのか、100QDに至ってはいつか動かなくなるその日まで命を削って切り取った風景に過度の期待をしているのかもしれない。
操作者の腕前に大きく影響される部分が大きいというのに(笑)

私はカメラや写真に幻想を抱きすぎているのだろうか?

擬人化している状況で既に危険('_')


D5200で”琳派風”に挑戦

2013年梅納め
スポンサーサイト



コメント0


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.