FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
生き物の証
2013-12-02-Mon  CATEGORY: カメラ・写真
生き物の証近くの公園に行くも、庭園ではないために紅葉や楓がほとんどない。
桜は多かったけれど。

秋景色2

とりあえず葉っぱを写す。
虫食いもまたいい雰囲気。
何というか、命の証を垣間見たような感覚。
木が生きて葉が在ったこと、それを食べた虫が居たこと。
当たり前なんだが生きた証だよなぁ。としみじみ。

秋景色1

秋だからか?
トシだからか??
ちょっと黄昏ポエマー???(笑)

秋景色4

翌週は氏神様の境内の清掃奉仕。
この時期が一番落ち葉が多い。
落ち葉と共に大量の団栗も・・・・
これがまた落ち葉と共に手箕に集めると存外重い(笑)
これも木が生きている証だよなーとまたしみじみ・・・・

秋景色5

春に京都の巫女さんのお話を聞く機会があったが、大きい神社なので境内の落葉掻きも大変。

秋景色9

折角きれいにしたのに、嘲笑うかのようにまた落葉・・・・

秋景色13

本殿の裏手をきれいに掃いて、少し後に振返るともう葉っぱが・・・・これか(笑)
これも木が生きている証だよなーとまたしみじみ放置(ヲイ)

秋景色12

落葉がたまった処で焚火が始まりました。
こういう光景に参加する機会が少ないので新鮮。
芋とか餅とか持ってきているしwww

普段あまり掃除しない林の辺りを見ると枯れ枝が沢山。
大風で折れたものから小枝まで沢山あって、これも木が生きている証だよなーとまたまたしみじみ(^_^.)
人間でいえば抜け毛みたいなものかな?とか
小枝は鳥の巣に使うかもしれないのでスルーしてそこそこ大きめのものを集めて焚火に追加。

秋景色10

これが「薪拾い」か!!
人生初の薪拾いに一人テンション高くなって没頭。
これも木の、林の、森の、山の恵みか。感謝(^人^)
日本人はこういう恵みをいただきながら生きてきたんだろうなぁとしみじみ(いい加減に・・・・www)


清掃奉仕に参加したみなさんは既に焼けた芋を頬張っていたものの、ここで呑気に芋食べてたらこの後の用事に遅れそうなので失礼してくる。



いい経験をさせてもらって感謝!





スポンサーサイト



コメント0


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.