FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
モデル体験?!
2014-02-14-Fri  CATEGORY: カメラ・写真
得るものの多かった写真展ですが、一角でフォトグラファーによる撮影を行っていました。

最初は撮る様子を見ていたのですが、次の回で目当てのフォトグラファーさんが担当することを知り、無謀にも申込む。

写真館で撮影するのとはまた違って、一線で活躍するフォトグラファーにスタジオライティングで撮ってもらう機会なんて滅多にない。

見学する機会も滅多にないし、自分が撮ってもらう側というのは皆無といっていいくらいにない。

昔の私なら確実にしり込みして、後からやらなかったことをたっぷり後悔するところだし、本来の私らしいのはやらず後悔なんですが・・・・

何事も経験とばかりにチャレンジしちゃいました。あ~ぁ・・・・ってカンジです。

短い持間ながら、”今の私ってこんなモン”という写りのショットを引き出すフォトグラファーの力量に感服。

写真は後日プリントして送ってくれるそうです。

今日もいい経験を頂いたことに感謝。

2014年2月1

まぁ、素人でもスタジオを借りて一日かければ、ベストショットの一枚くらいは撮ることが出来るでしょうが、それを10分足らずで撮って、確認して、ベストショットを2-3枚見極めて、あとはクライアントの好みで選んでください。まで出来るのがプロだわなーと。

フォトグラファーお二方しか見ておりませんが、持ち込んだ照明機材の種類も数もセッティングも異なるので、そういう観点からも、やはり興味深い体験でした。

コメント0


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.