FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
測量野帳 防水タイプ
2014-08-25-Mon  CATEGORY: 文房具
夫の使い勝手に即しているだろうと勧めた測量野帳。

ツーリングの度に使ってくれているが・・・・

「雨にぬれることがあるからなー」

(;゚o゚)!

解りました。次回買う時は防水タイプにいたしませう。

あの調子では、一冊使い切る前に濡れるか壊れるかしそうだから、早めに調達しておかないと♪wktk



スポンサーサイト



コメント0
流石に無理がありました
2014-08-25-Mon  CATEGORY: 日々雑感
小説センサーが全く役に立たなかったので、出来合いのセンサーを使おうとしました。

ええ、リヴァイ兵長の表紙のフラウを買ったのです。
これを見たら、何の本を買えばいいかバッチリ明解、明快・・・・・

・・・ (つд⊂)ゴシゴシ (;゚д゚) ポカーン・・・
見てもピンとこないorz

あっれー?おっかしーなー、ビジネス雑誌で今読むべき本100みたいなやつなら、これ読んだ、コレも持ってる・・・・、これは買い、これはいらないってバリバリとマークできるのに、頭の中に入ってこない・・・・・

つまりだ、フラウのターゲット層でもないし、ターゲット層になるだけのIQと感性を持ち合わせていなかったみたいです。

馬鹿で感性が貧粗だと、こういうところで苦労するんですね。
子供の頃と若い頃、もっと本を読めばよかったと今更ながらに後悔。

ああ、後悔って本当に先に立たないわね(>_<)



コメント0
読書覚書:流れ星が消えないうちに
2014-08-25-Mon  CATEGORY: 日々雑感
流れ星が消えないうちに
著者:橋本紡
出版:新潮社

もっとピュアな人なら沢山泣けると思う。
しかし、ピュアからは最も真逆の方向性の石の心の私でも、最後には涙が一筋(痛い)

知り合いのオトメンに、何かオススメないですかと聞かれたときに、キレイな涙を一筋流したいならこの本はお勧めと言っておいた(^_^.)











「夢想夢」のような本だなーと。

自分の中で一時期使っていたテーマ「夢想夢」

夢 想い

夢 やぶれ

また

夢 想う

夢と抱いて、でもかなわない夢もあって、それでもまた夢を抱いて先に進む。

最期にこの悲しさも想いも、捨てたり忘れたりするのではなく、しっかり胸に抱いて先に進もうとする主人公。

このトシゴロの繊細さ、透明さが凝縮されています。




コメント0
読書覚書:異人館画廊 盗まれた絵と謎を読む少女
2014-08-25-Mon  CATEGORY: 日々雑感
異人館画廊 盗まれた絵と謎を読む少女
著者:谷瑞恵
出版:集英社

面白かったです。ええ、それなりに。
舞台も横浜でしたし。

何というか、読んでいると自分が中学生の頃に戻ったような気持ちになった。
さもありなん、コバルト文庫だった(笑)

少女漫画を読んだら、思いがけず謎解き要素もあって面白かったよね。
というのが私の中での位置づけ。



コメント0
読書覚書:思い出のとき修理します
2014-08-25-Mon  CATEGORY: 日々雑感
思い出のとき修理します
思い出のとき修理します 2
著者:谷瑞恵
出版:集英社

春先の一番心がササクレパンダのときに、タイトルと表紙買いして大当りだった本。
私が買った時はコミックコーナーの小説コーナー(コバルトブックス的なコーナー)で偶然見つけた。

その後人気があったのか集英社の夏フェアで買うと、るろうにブックカバーとかもらえたり・・・・とっくに買ってしまっていたので(T_T)

ミステリーというか謎解きとして読むと、やや詰めが甘い部分も目につきますが、恋愛小説のつもりで読んだらミステリー要素が入っていて思いがけず、面白かったね。状態でした。

人に頼ったり、甘えたりすることが苦手な主人公が可愛い。
2でやきもちをやく時計屋さんもかわいい。

いい大人の割にピュアなカップルなんだわ(笑)

これは手元で保存コースの本になりそうです。


コメント0
読書覚書:海賊とよばれた男
2014-08-25-Mon  CATEGORY: 日々雑感
海賊とよばれた男 上
海賊とよばれた男 下
著者:百田尚樹
出版:講談社

一時期、重度の社二病を患った時期がありましたので、こういう本が間違いなく面白いのは解るし、この作者にこういうものを書かせたら、絶対に外れはないので購入。

一度は読んで損はない本。
面白いし、痛快ですらあります。

読み進めて行くと、段々と「あ、もしかしてこの会社のことか」と解ってきますが、作中では主人公の名前と会社名はフィクションにしてあります。

だから、先入観なく楽しめる。

子供の頃にカッコイイと思っていた、キャプテンハーロックばりの男の中の男的な、思想や行動のぶれない男たちが沢山出てきます。

途中、船長が余りにもかっこよすぎて惚れそうになったさ(笑)
うっかり、ツイートしてしまったさww

お盆の帰省の折に義母の所に置いてきた時に、これは面白いです!!お勧めです!!と熱くお勧めしてしまった。


生き様のかっこいい男たちの本を読みたいならお勧めです。
理念がぶれないというのはこういうことだってよく解ります。

ビジョナリー・カンパニーとか読んで、言葉だけ取り繕った経営理念や経営ビジョンを掲げちゃう経営者にこそ読ませたい一冊。


コメント0
読書覚書:プリズム
2014-08-25-Mon  CATEGORY: 日々雑感
プリズム
著者:百田尚樹
出版:幻冬舎

義母に借りた「永遠の0」と同じ作者さんだったので購入。

「どうしてもこのラストシーンが書きたかった」とありまして、読了して、ああ成程。

パターンとしては一番心が近づいた→永久の別れとなる。
(ああ、身も蓋もねぇ・・・・・)

参考文献も記載してありましたが、相当資料を読み込んで書いたのは判るし、私も一連のビリー・ミリガンシリーズや5番目のサリーなどは一通り読んだので、このテーマにはついてゆけるし、しっかりは書いてあるけれど・・・・・

失礼を承知で言うと、この作者さんは恋愛モノは無理に書かなくてもいいかも・・・・・
(ああ、申し訳ない・・・・)


お盆の帰省の折に義母の所に置いてきたけれど、このテーマについてゆけるだろうか。




コメント0
読書覚書:その時までサヨナラ
2014-08-25-Mon  CATEGORY: 日々雑感
その時までサヨナラ
著者:山田悠介
出版:文芸社

心に甘いものが欲しくて、書店POPの「絶対泣ける」的なアオリに乗せられて購入。

結果:泣けなかったorz

よくある夫婦のボタンの掛け違えなのですが、奥さんが事故で亡くなってしまう。
残された仕事の鬼の夫と残された子供の元に、死んだ妻の友人と名乗るおばさんがやって来て、夫に家事のイロハを教え込む。
一体このおばさんの正体は?
妻が最後に向かおうとしていた場所は?

夫と謎のおばさんのやり取りは面白いので、ドラマとか映画などの映像化には向いていると感じました。

調べたところ、WOWOWでオリジナルドラマとして映像化済の様子。


作中出てくる、コンビニで買った青いノートって何??
ノートスキーとしてはそこんとこをkwsk(笑)



コメント0
○○○・・・・恐ろしい子!
2014-08-25-Mon  CATEGORY: ツール・雑貨
いや、子じゃないし(笑)
ただの100均だから(笑)


いや、居住市内にもそれなりに在るものの、どうも会社帰りに気楽に立ち寄るエリアからことごとく外れている。
このために、休日出向くのも・・・・
夫の実家近辺にいくつか・・・・ああ、もう帰省のついででいいやもう。

初セリア(初セリみたいww)
悲しい習性、まずはノートのコーナーから見てしまう。
なにこれ・・・・やだこれ・・・・撮影の小物に使いたいようなオサレ風のノートやメモ帳に封筒・・・・
自分の紙マニアな業が呪わしい・・・・この時点で20点チョイスorz

セリア・・・・恐ろしい子!

師匠が200点買いしたのがよく解る(((( ;゚Д゚)))

その後は、かなりセーブして・・・・

・・・・セーブして・・・・最終的に40点余りの購入・・・・(((( ;゚Д゚)))

100均でこんなに買ったのは20年ぶり位かも(笑)

店を出る時に張り紙が、
「・・・・8月31日をもって閉店いたしま・・・・」(((( ;゚Д゚)))ナンデストー

まぁ、もう少し先の市役所通りにもあるからいいや。

今回行った店舗は普通(?)店舗で、市役所通りの方は大型店舗なんだとか・・・・

大型店舗=品揃えハンパないってことですよね(((( ;゚Д゚)))

次の帰省が楽しみです(笑)




コメント0


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.