FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
いくら頭が悪いといっても・・・・
2014-10-19-Sun  CATEGORY: 日々雑感
流石にそれくらいは判るよ、という話。

治療というよりは、メンテナンスの意味合いのマッサージ。

いつもの担当の先生だけではなく、他の先生にも施術を受けることが増えてきました。

終わると、いつもの先生に感想を聞かれるのですが・・・・・
若い女性の先生は、セオリー通りで、でも患者の状況によって作戦を変えてきたりしている。(まだ経験値低そう。でも下手ではない)
まぁ当たり障りなく、よい所を挙げておきました。

本日の男性の先生は殆どしゃべらなかったけれど、頭のいい先生で論理派のマッサージ構築であること、筋肉の流れと作用にポイントを置いた施術である。
ってなことを自分が受けて感じた印象で話したら、驚かれました。
そんなことまで判るのですか?!と。
いや、判るだろう。レベルの低い私でも判る位だから、他の人はもっと詳しい分析が出来ると思うよ。

違う先生の施術を受けてつくづく思ったのは、同じ学校で学んでも、知識や技術を取り込んで、自分のものにしてアウトプットすると、そこにその人の、個性や理念、考え方が違いとなって現れるよね。と。

薔薇の花を持ってきて、これを写生してください。と描かせてみた時にアウトプットされた絵は夫々違う。

写真だって、同じところで撮っても、やはり異なったテイストの写真であったりするわけだし。

マッサージを受けているときは暇なので、そんなことをつらつら考えていました。

スポンサーサイト



コメント0


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.