FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
コストって掛かるものだと・・・・
2014-10-26-Sun  CATEGORY: 日々雑感
学生の頃あたりに疑問に思っていたこと。

よくニュースなどで「高卒と大卒の賃金格差の問題」を見聞きしたときの違和感。

程度によるかもしれないけれど、妥当な面もあるのでは?と。

大学に入学して卒業するということは、入学金や授業料、その他モロモロの経費が掛かっているわけで、そのコストをかけた分賃金に差が出てくるのも当然ではないのかな。
それを、同じに均すのは無理があるよね、と。

まぁ、中には4年間コストをかけても能力が身につききらないケースもあるやも知れませんが、それはさておき。

以前ネット記事で「デザインに正当な対価を支払わない」についてを読んだときにも同じもやっと感を覚えました。

デザイナーだって学校に行ったり、下積みから頑張っていたり、アンテナ巡らせてインプットしたりと何がしかのコストは掛かっているわけで、それをこの程度は無料でちゃっちゃっと作ってくれる?簡単だよね?ってのも(ーー;)

掛けたコストと対価は必ずしも釣合うものでもないだろうけれど、それを軽んじていい理由にはならない。


コストって掛かるものだと・・・・
スポンサーサイト



コメント0


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.