FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
それを買うべきか
2014-11-02-Sun  CATEGORY: 日々雑感
書店で横浜や神奈川が舞台の小説特集のコーナーで

「異邦の騎士」改訂完全版

これは買うべきか否か・・・・・

ううーーーーーんん(-_-;)

悩んでやめた。

これは御手洗君と石岡君の出会いの話で、綱島が出てくるのだ。

この作者、ちょいちょい女性がひどい目に遭う描写がありましてね。

今はちょっと、もう嫌かも・・・・・

ミステリーとしては秀逸だし、昔は一通り読んだのですが・・・・

リビング新聞の横浜や神奈川が舞台の小説特集では、同じ作者の

「暗闇坂の人喰いの木」が取り上げられていました。

これも面白いのですが、やはり今はちょっと・・・・・





いくらジャケ買いと言っても・・・・・

サマミヤアカザさんのイラストに釣られて手に取ってみて、何か違和感。

これ100冊フェア用のキャンペーンカバーじゃん。

それが悪いとは言わないけれど、なーんか謀られているようで萎えたわ。


「銭の戦争」
1巻の表紙が好みで手に取ったものの、どうせなら3巻くらいまではまとめ買いしたかった。

書店にはなぜか1巻だけが平積みになっていて、他の巻は棚にも見当たらない。

なんか・・・・買う気が失せた。


「姫君よ、殺戮の海を渡れ 」

これまた表紙が好みの色合いだった。

気になるものの、この時はリハビリ兼ねてのリサーチだったので手を出さず。



コメント0


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.