FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
クリスマスという家族団らん
2014-12-22-Mon  CATEGORY: 日々雑感
クリスマスの近辺の、土日祝日で家族が揃う日が我が家のクリスマスなわけです。

そもそも、その日でないといけないというこだわりもなく、
該当日が平日であった場合、勤め人の仕事の状況いかんによっては、ご馳走を前に延々待ちぼうけを食わされることも発生する。

誕生日でもクリスマスでも、その日にかこつけて非日常の家族団らんが取れたら、それで十分なわけで、それなら前後の土日祝日の家族が揃う日でいいではないか。と(^_^.)

長年、八百万の神を奉ってきた文化を持つ国民なので、クリスチャンであろうとなかろうとクリスマスという、一種の祭り、ハレの日を楽しむ。それでいいと思います。

すくなくとも我が家はその方式で運用しています。

温かい部屋で、家族と共に非日常なご馳走を食べる。
私にとっては充分なありがたいことです。
そして、その日を、そのことを楽しく、感謝しながら過ごせばいい。

今年の日程


と、云うわけで、我が家のクリスマスは12月23日。
12月24日、25日は逆に通常運転なので、フツーに米と鮭とか食べていると思います(笑)


スポンサーサイト



コメント0


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.