FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
書かなかった手紙
2014-12-28-Sun  CATEGORY: 日々雑感
自分が一人っ子だからなのか

寂しがり屋の一人好きだからなのか

トラブルや落ち込んだときは、自己復旧型だからなのか

必要とされるまでは、無闇に声をかけてはいけないと思っていました。

知人がネットからみで、落ち込んだときにメールやメッセージではなく手紙を出そうと思い立ちました。

宛名を書いて、切手を貼って、本文を書き始めたところで

共通の友人から、御飯や飲みに誘ってみたらどうかとの提案がありました。

自分も手紙で誘おうと思っていたことを伝え、その方がメッセージで聞いてくださるとの事でお願いしました。

「暫らく一人になりたいそうです」

その答えを聞いて、書きかけの手紙と封筒を破棄しました。

自分だって、一人になりたいときに、ご飯に行こうとか、頑張ってとか善意であっても、干渉されたらしんどいだろうと。

自分がされたら嫌なことだったから、その言葉通り、元気になるまでゆっくり待つことにした。

でも、それは結果としては失敗だったらしい。

暫らくして、元気になったその方に、暗に名指しで

「こういうときに人間性が出る」

「大丈夫?の一言もない」といわれました。

きっと、私が相手のことを充分に理解できていなかったのが悪かったと思う。

「暫らく一人になりたい」といわれても、ご飯に行こうとか、大丈夫ですかとか、声をかければよかった。

自分の配慮の無さを知るきっかけにはなったものの、その方には随分と申し訳ないことをしてしまったと、そのことは今も後悔している。


写真と本文は関係ありません12月4


スポンサーサイト



コメント0


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.