FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
古本屋の深淵
2015-01-17-Sat  CATEGORY: 日々雑感
かさこさんの集いの1時間前に最寄り駅に着き、

時間つぶしに古本屋へ・・・・・

!!!Σ(ll||д゚ノ)ノ

東大前故なのか、なんかもうびっくりして、開いた口がふさがらないもの多し。

昭和初期の恐らくは貴重な資料であろう、

恐らくはとてつもない稀覯本も多そう・・・・

どう考えても学者・研究者の蔵書が死後、書斎丸ごと売り払われた様相を呈している。

コアな建築関係、平安時代、戦中のものと思われるもの・・・・・

昭和史の中でも、個人的に2つほど妙に気になる事件がありまして、それ関連はかなりやばかった。

研究者でもないクセに思わず買いそうになってしまった。

買うわけでもないのに、ほぼ全てのタイトルを舐めるように見る怪しい客(笑)

形容がおかしいかもしれませんが、眼福というか、脳にご馳走を頂いたような満足感。

一冊だけ、かなり後ろ髪な本がありました。

雑誌の臨時創刊だか、付録っぽい本なのですが・・・・・

そう頻繁に行くエリアでもないので、うまく忘れられたらいいけれど・・・・

自分が買っても何の役にも立たないけれど、気になるんだよぉぉぉぉ!


これ、予約投稿ではないから!!

帰宅してから打っているから!!(笑)


古本屋の深淵
スポンサーサイト



コメント0


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.