FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
フリーランスよりも個人事業主で行こうか
2015-02-03-Tue  CATEGORY: 日々雑感
本文と写真は関係ありません2月1

「フリーランスの方のための無償(またはあり得ない低額)で
仕事を依頼された時のお断りセリフ集」
http://ameblo.jp/nagisaohmori/entry-11980264979.html


かさこ塾でも「無償でやって欲しいと言われたらどうしたらいいか?」という質問が出ました。

最終的にはケースバイケースという落としドコロに落ち着く話ではあると思うのだが・・・・
この話を聞きながら、自分の中には既にある程度のガイドラインのようなものがあるのだと気づきました(^_^.)

先ず、無償前提で来る依頼は断ってもいいのではないか?

自分がお願いする立場であれば、
日時、趣旨、お願いしたいこと、予算、その他の条件を明示して相手に打診する。
特に今回のポイントの「報酬」については、自分が出せる金額が決まっているのであれば、尚更最初に伝えないと。
提示したこの条件でOKならお願いします。
NGならはっきり断ってください。
それだけの話。

相場が判らない場合は、先に相手に聞けばいい。
日時、趣旨、お願いしたいこと、その他の条件を明示して相手にざっくりでも概算なり見積りを貰えばいい。


このケースは流石にどうかと思うので、私の感覚では断っていい案件に感じます。

演奏に代金は払いたくないのか? プロの歌手が苦言
http://spotlight-media.jp/article/106211662136445231


実績作りで、無償・低額・実費のみで仕事をするのは、自分から働きかけた時のみと考えています。

(実績作りなので)無償で○○させて欲しい、

(実績作りなので)低額・実費のみで制作・納品・実施させて欲しい。
いわゆる、お試し、モニター価格ってヤツですね。

少なくとも相手から、実績作りに協力してあげるから、無償で○○して。は違うと思う。
予算が無い、どうしても○○円しか払えない。というのであれば、日時、趣旨、お願いしたいこと、予算、その他の条件を明示して相手にお願いすればいい。

場合によっては、趣旨、内容等で受けてくれる場合もあるし、断られる場合もある。
それだけの話。

ここに友達関係や、力関係を持ち出しちゃダメ。原則的に。

×友達だから、タダでやってよ・頂戴。

○(友達だから)無償でやるよ・協力する・あげる。





酒井日香さんのブログ
占い学から見た「好きなことをしておカネを得る」ということ
http://ameblo.jp/sakainichika/entry-11984570237.html


ここで引用したいのは、
フリーランス=個人事業主
つまりフリーランスの仕事=事業


もしかすると「フリーランス」という言葉がよろしくないのではないか?

何となくかっこいいから、フリーランスと言いたくなる(少なくとも私はそのタイプwww)

フリーというのは、組織や企業、特定の団体に属していないこと指すのだが、
フリー=無料と勘違いされやしないだろうか(考えすぎか?)

○フリーランス=個人事業主

×フリーランス=フリー(無料)人材(無料素材のような意味合い)

こういう認識のズレが(仮に)依頼主にあったのなら、タダ働きのような依頼も説明が付きそう。

フリーランスなんですよね?

フリー(無料)ということだから、タダでやってくれますよね?

ネットのフリー素材、フリー写真のようにコピーしてブログなどに自由に使えるような感覚で、フリー人材だから、タダで都合よく仕事をしてくれるだろう。

こういうことを言ってくるのは、組織や企業、特定の団体に属しているお方なのだろうか?と勘繰りたくなる。
少なくとも、フリーランサーがフリーランサーに無償で依頼はしないだろう。


そんな勘違いをされるくらいなら「個人事業主」でいいよ、もう。
個人の事業主にタダ働きのような依頼はしないでしょうし。

組織や企業、特定の団体であっても、個人であっても仕事をするからには対等と考えますが、それは建前で、実際には組織や企業、特定の団体から見ると個人事業主は下請けみたいなものなのでしょうね。

それはまた別の問題として、最終的にはケースバイケースという落としドコロに落ち着く話でした。



スポンサーサイト



コメント0


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.