FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
死を思え~後悔を棺桶に持ち込まないために
2015-06-03-Wed  CATEGORY: 日々雑感
五月12


今すぐにではないと思っているけれど、
少し先だとは云えいつかは死ぬわけで、
そのときにこれ以上は後悔を積み増ししたくないのです。


最初はHPの日記。
それからエキサイトブログで2004年7月~2012年5月、2014年7月~2015年2月 記事数2086件
FC2ブログで2012年5月~現在に至ります。記事数552件
アメブロは2014年1月~現在に至ります。記事数411件
はてなブログが2015年5月~ 記事数8件


3つのブログを更新していて、やっと2つに統合したのに、また3つとか。
自分で突っ込んでしまいますからね(笑)

アメブロとはてなブログの2本立てにして、ゆくゆくは独自ドメインでワードプレス化するか。
そのときには個人事業主で登録しないといけないところまでにしておきたい。

件数が多いことが偉いわけでもなんでもないし、毎日続けていたわけでもないけれど、
11年間で3千件以上の記事数というのは自分的にはちょっとすごいと思っている。



エラソーに言う割に大したことのできない人だった自分が、じたばたしたら少しだけ好転したかも知れないと(自分では)思っている。

正直に云うとですね、面の皮厚そうに見えて実はセンシティブなヤローなのです。
もともとコンプレックスもあり、自己評価も低い自分をなんとか取り繕って、少し背伸びして頑張っていると批判のネタになる。

まぁ、あれこれ本を読んだりしてあまり気にしないことにはしていたのです。表面上は、ね(^_^;)

それでも萎縮してしまった気持ちは結構カチカチでおかしな風に回り込んで、妙なルートで高いところに上ったりするわけです。

自分の事を批判したりディスる人たちの期待に応えて、イタタな人でいないといけないというおかしな呪縛。
極力エラソーなことは言わない、自分の中で10センチ分の成長と思っても表向きは0.1ミリ分成長したか、しないか程度です。とか。嫌なヤツですね(笑)

結局、批判したりディスる人たちは何をどうやっても批判したりディスる人たちなのです。
坊主憎けりゃ、袈裟まで憎い。
気に入らない人の住んでる場所にある郵便ポストが赤いのさえ面白くない。
そして仲間内で飲みながら、ウケる!とか言っては必死に自信の立ち位置を支えているわけです。
批判したりディスる人たちもそれぞれの立ち位置、持っているもので勝負をすればいい。
なにがしかのポテンシャルは十分にあるでしょうから、そこで戦えばいい。

そして本当に申し訳ないのだが、今も見ているかいないか解らない人たちのために萎縮した自分でい続けることに疲れてしまったのね。飽きてしまったといってもいい。
人生の残り年数を逆算したら、これ以上はこういうことにエネルギーを割けないことに思い至りまして。
いや、本当に申し訳ないです


この一年で漠然とした目標が少しだけ具体的になってきて、そのターゲットに合わせた新しいブログを立ち上げたら、これが存外楽しい。
このブログで住み分けていた部分を統廃合して、アメブロとはてなブログに再分配すればこのブログの役目は終わるかも知れないと考えています。

当面は年末まで様子を見ながら、月1更新する位のペースにします。

「月と水蓮と手帖」は少しお休みします。
永らく御愛読下さいましたこと御礼申し上げます。

五月6


スポンサーサイト



コメント0


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.