FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
CanonEOS100QDその2
2013-03-08-Fri  CATEGORY: カメラ・写真
どうもシャッター幕の不具合はこの機種は必ず起きるといっても過言ではないらしく、既に発症つつある様子なのでここは一旦メンテナンスも兼ねてきちっと修理して使えるようにした方がいい。うんそうしよう。
取扱説明書もダウンロードできない様子なので、サポート窓口から購入するしかなさそう。

仕事帰りに大急ぎでキャノンのサポート窓口へ。
駆動の確認と、シャッター幕の動きを見てもらう。
出来ればシャッター幕は直してもらうつもり満々で・・・・

駆動:OK
シャッター:現時点ではまともに動いている様子

それでもシャッター幕に少し染み出している様子なので、不安だから修理を頼む。

メーカーでもこの現象は理解している様子ではあったのですが・・・・
部品がなくて、修理を請けることが出来ない状況とのこと。
つまり動く内に、せいぜい楽しんで使っておけということか(ーー;)
「どのような言い方をしたらいいのか判りませんが、そのようにお考えくださいとお願いするしか・・・・」
これがEOSのデジタルなら諦めてマークⅡでもマークⅢでも買えよって話なんでしょうけれどね(~_~;)
「・・・・そうですね・・・・他にお勧めできる商品がありませんので・・・・申し訳ありません・・・・」

いや・・・・22年前に発売された機種ですし、ある程度は覚悟していたんで仕方ないです。
ただ、この銀塩カメラで桜を撮ったらどうだろうか?
定めし美しかろうと、使いたいと思ってしまったんですね。

せっかく縁有って私の手元に来てくれたのに、直してあげられなくてごめんねEOS100QD_(._.)_

もう不治の病の恋人のような気持ちだ。
さまざまな試練を乗り越えてようやく・・・・って時に・・・・みたいな(;_;)

プリシラ・ジルとペアを組んだレックス・グイドの気持ちだよ。

もちろん有償で、2週間くらい掛かるそうですが取扱説明書をお願いしてきました。

コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.