FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
ほぼ日手帳2013(6)
2013-09-07-Sat  CATEGORY: 手帳・時間管理
オリジナルのほぼ日手帳2012、2013と活躍してくれたヌメの革カバー
雑誌の年間購読特典で貰ったものでした。
でも二宮五郎商店製なんだぜ。
そんなに粗悪品じゃないし、寧ろしっかりしていて、手になじんでいい相棒だったんですよ。

実は貰った時は全く使う気はなくて、箱に入れたまま放置していた。
その頃は、SNSのほぼ日コミュで「革!アンリ!革!!」とみんなが騒ぐのも理解できなかったし(ヲイ)
まぁ、元来、ベージュとか茶色とかこげ茶とか茶系が好きではないというのもあったとは思いますが・・・・。

その後、「革!ヌメ!」とみんなが熱く語るのを見るうちに、年間購読特典の革カバーを思い出して試に使ってみた。
違和感はないし、悪くない。存在感はあるが無闇に主張しないのもイイw
一年使って、次の年も続投して今に至る。
手に馴染む革の良さがちょっとわかった。

そしてカズンのロキャロンチェックカバーは、夏もそのまま使って今に至る。
真夏には多少手触りがけもっておりましたものの、こんなもんよね。と(笑)

セットで買ったロキャロンチェックのジッパーズはハガキや切手、付箋入れとなっております。

11月、12月になったら、またロキャロンチェックのマフラーやストールを使おう(*^_^*)



コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.