FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
永遠の0(ネタバレ有かも:注意)
2014-02-25-Tue  CATEGORY: 日々雑感
正月に義母から借りた(返さなくっていいと言われたが(^_^.))

恐らく漫画ばっかり見ている嫁を心配して、一年に一冊くらいは本を読みなさいということなのだろう。

誰?何故?どうして?それなのに?そんな!それって!と徐々に謎が明らかになってゆくのは面白い。
現在も過去も時系列順なので読みやすいし。
現在ではお姉さんの色恋も交えつつストーリーが進むのも面白いなぁと。

そして読み進めながら、思い出したのはこの雑誌。
Harvard Business Review
2011年1月号
特集:日本軍「戦略なき組織」検証失敗の本質


一年後にも似た特集が組まれています
2012年1月号
特集:リーダーシップ不在の悲劇 検証 失敗の本質

私が読んだのは2011年版です。


戦国時代、武田信玄の「人は城、人は石垣、人は堀」の「人こそは宝」思想からどのように変遷して兵隊の命は一銭五厘と、消耗品のように無謀な作戦に駆り出されていったのか?

些か飛躍していますが、読んでる間ずっと心の中で疑問に感じていました。

組織というものは巨大化するにつけ、一旦動き始めると簡単には止まることができにくかったりはしますが・・・・

迷走する組織についても色々と考えさせられた一冊でした。


あともうひとつ。
松本零士の戦場まんがシリーズ
子供の頃、妙にワクワクしながら読んだのを思い出した(笑)


映画・・・・まだ間に合いますかね(^_^.)


コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.