FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
ピアノレッスンのトラウマ
2012-10-26-Fri  CATEGORY: 日々雑感
むかしむかし
あるところに3人の姉妹がおった。

あるとき、親は3人の娘たちにピアノを習いに行かせたんじゃ。

下の娘二人は、楽しく通ったが、一番上の娘は一回行っただけで、拒否反応を起こし
て3日寝込んでしまったそうじゃ。

そのときに一番上の娘は高熱に浮かされる頭の中で、たとえこの先自分が結婚して子
供が生れても、こんなつらい習い事は絶対にさせるまい。と固く誓った。




私が幼稚園位の頃、祖母の家の近所のお姉さんにピアノを教わったことがある。

っつても、遊んでいたらピアノの音が聞こえたので、珍しくて窓から見ていたら家に
招じ入れてくれて、弾き方を戯れに教えてくれたんだと思うが・・・・

2回くらい行ってネコふんじゃったのさわりのフレーズが弾けるようになり楽しかっ
た。
楽しかったから母親に話したが、ピアノと聞いて渋い顔。
自分が無理やり習いに行かされてどれだけ嫌で寝込んだかを聞かされて却下。

本人が興味を持ったのに、自分の失敗体験から可能性を閉ざすのはどうだったんだろ
うか・・・・・


今思えばおかしな理屈だが、子供だからそこまで反対されたら諦めるしかなく。

中学高校になるとピアノ習っている子は音楽でも頭一つ抜きん出ていて、あーピアノ
習っておくんだったーとちょっと後悔。


今でもマトモに演奏できる楽器が何一つないので、楽器を奏でることが出来るという
だけで、それは一つの才能だし素直に賞賛することにしている。







丁度一年前の今頃、せめて歌だけでももう少し上手くなりたくて、あちこち調べてい
たのでした。
私が音痴なのは知っているので、家族に反対されそうだったから未だに習っているこ
とを話していない。

あと一年位習って、今よりホンの少しでも上達しているなら思い切って告白してみよ
うか。



コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.