FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
何故に今頃?!1
2014-08-22-Fri  CATEGORY: 日々雑感
今では手に入らないだろうと思っていた本が本屋にあるとビビりますね。

ゴーメンガーストシリーズが田中芳樹氏絶賛とポップがついて書店にあった時は本当に驚いた。

この三部作と「死の舞踏」を読む程度にはマーヴィン・ピークは好きでした。
ま、正直に言うと「タイタス・アローン」は読みかけである(ヲイ)

このシリーズだけは、途中一年以上空いても栞の位置から読み進むことが出来る唯一のシリーズ。
他のものは多少巻き戻さないと無理なんですけど(笑)
「タイタス・アローン」が家の中で行方不明。
今出てきても読み進む自信はある(^_^.)

尤もいいチャンスなので「タイタス・アローン」は買い直してもいいかも。
そして奥様が完成させたという4作目のシリーズも有りました。

ということで、この2冊をゲット。

壮大な、でも閉じた世界観とユニークな登場人物の織り成すゴブラン織りのタペストリーのような物語。

死ぬまでにもう二回は読み返したい物語である。


コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.