FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
SNS的老後
2014-08-22-Fri  CATEGORY: 終活

本日のかさこさんのブログを読んで、過去にエントリーしたブログ記事を思い出しました。
リアルの強い絆よりネットの弱いつながりの方が役立つというお話「自分でつくるセーフティネット」書評
http://kasakoblog.exblog.jp/22309959/

このブログの過去記事は非公開にしてしまったので、再掲します。
かさこさんが過去記事も資産だといったのはこういうことか。
ちょっと思うところあって、全て非公開にしてしまったけれど。


----------------------------------------------------------------------
SNS的老後

独りでも何でもできるし、困らない。と独身を貫く人に向けてよく言いますよね。

「今はいいけれど老後が寂しいよ」と。

少し前までは私もそう思っていました。

でも、きっとそうはならない。孤独死はこれからは減ってゆくのではないか。

現在のアラサー世代が老後を迎えたときは、リアルでもネットでもそれなりのコミュニティでつながりをもちつつ生きてゆける、SNS的老後になると思います。

ネットでも高齢者向けのSNSが出来るかもしれないし、例えばミクシィもあと20年30年先では高齢者向けのSNSとして発展しているかもしれない。

高齢者SNSと行政、民間企業が連携して、何の連絡もなく一定の時間(ex:24hとか48h)とかログインしていなかったら、ヘルパーが様子を見に行くとか。

リアルでは老人ホームのほかに、コミュニティ化して高齢者シェアハウスのようなものも増やす。
個室はあるけれど、食事やお風呂は共用。家事は分担・当番制にする。

例えば、マンションを開発するときに、最低でもワンフロアは高齢者シェアハウス的コミュニティエリアを作る。法令化してもいいのかも。
このコミュニティに学童保育や清掃などのマンションの維持管理業務の一部の委託という側面を持たせてもいい。
ここで得た収益をシェアハウスの運営・維持管理にまわす。

単身の高齢者のみではなく、息子世帯が同じマンションにおり、親は同じマンションのシェアハウスにいる。仲間と自活しつつ、学童保育をかねて孫ともコミュニケーションが取れる。

行政や民間企業はシェアハウス運営のサポート、メンタルヘルス面でのサポートに注力する。病院に行くときもまとめて行くor往診に来てもらう。個人宅単位ではなくコミュニティ単位なので往診効率もいい。



素人の机上の空論かもしれません。

でも、きっとこれからの高齢は、寂しくはならない。

そんな気がします。

2011-11-24
----------------------------------------------------------------------

この記事ではアラサーと言っているけれど、アラサー以下の世代かな。

民間SNSに行政がかかわったり、行政主導のSNSっていうと、ちょっとどうかな?とも思うけれど。

今、過疎気味の○クシィはこの先どう云う戦略を採るかで、存続が決まりそう・・・・

いや、決して↑のような手法採ったから大丈夫ということもないだろうけれどね。


ちょっと乱暴だけれど、カテゴリは終活にしてしまった(>_<)
コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.