FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
読書覚書:プリズム
2014-08-25-Mon  CATEGORY: 日々雑感
プリズム
著者:百田尚樹
出版:幻冬舎

義母に借りた「永遠の0」と同じ作者さんだったので購入。

「どうしてもこのラストシーンが書きたかった」とありまして、読了して、ああ成程。

パターンとしては一番心が近づいた→永久の別れとなる。
(ああ、身も蓋もねぇ・・・・・)

参考文献も記載してありましたが、相当資料を読み込んで書いたのは判るし、私も一連のビリー・ミリガンシリーズや5番目のサリーなどは一通り読んだので、このテーマにはついてゆけるし、しっかりは書いてあるけれど・・・・・

失礼を承知で言うと、この作者さんは恋愛モノは無理に書かなくてもいいかも・・・・・
(ああ、申し訳ない・・・・)


お盆の帰省の折に義母の所に置いてきたけれど、このテーマについてゆけるだろうか。




コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.