FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
計画的陳腐化
2012-11-24-Sat  CATEGORY: ツール・雑貨
簡単に言うと、商品の寿命を計画的に仕込むということになりますか。

物理的陳腐化:一定期間使うと壊れるように商品を作る。
判りやすくいうと家電などがそうです。

機能的陳腐化:壊れてはいないが新製品より機能が劣る状態。
たとえばエアコンで、使えるけれど省エネ機能が付いていないので電気代を節約できないとか。

心理的陳腐化:洋服などが判り易いかと。壊れてもいないし、機能も問題ないが、デザインが流行遅れとか。

こういった一種の時限爆弾を色々な呼び方で語られていますが、私個人は「陳腐化」という言葉が一番腑に落ちてしっくり来るので思考のときにも好んで使います。

商品以外にも、コンテンツや人間関係、スキルでもこの言葉で考えます。

最近、あまり誘われなくなった相手がいたら、「相手にとって私は陳腐化してしまったのだろうなぁ」と思います。
コントリビュート(contribute:貢献という意味合いで使っています)で提供できるものが無くなってしまったのだと。
これは、自分の引き出しが少ないから、すぐにネタ切れして飽きられてしまったのだと。
陳腐化したことがちゃんと自覚できたら、それに対して手を打つのか、打たないのかを決めればいいですし。

コンテンツやスキルも陳腐化します。
今時分が仕事で使っている、情報や技術、商品としてのサービスも必ず陳腐化する。
そのときが訪れた時に慌てないようにしたいと考えています。なかなか実行に移せませんがorz


コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.