FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
計画的陳腐化(3)
2012-11-24-Sat  CATEGORY: ツール・雑貨
2009年にtouchが来たときに、嬉しくてカバーなどのアクセサリーを買った。種類も沢山あって選ぶのが楽しかった。

時は流れて。カバーが色あせて汚れてきた。新しいカバーを買いに行った。無かった。

そう時は既に第4世代。第2・3世代のアクセサリーはほとんど残っていなかったorz

旅行先で見つけた第2・3世代オリジナルカバー。
喜んで買って使っていた。

年明けにtouchを交換したときに、件のカバーにひびが入っていることに気づく。
そして、再び旅行先で第2・3世代オリジナルカバーの色違いをゲット。ホント有難い。


1年前にガラケーからiPhoneに機種変した時も嬉しくてカバーなどのアクセサリーを買った。種類も沢山あって選ぶのが楽しかった。
その中で水色系のチェック柄のファブリックカバーがあった。とても気になったが我慢した。

しばらくしてどうも気になって仕方が無かったので、買いに行ったときは売り切れたのか無かった。

これらのことから学んだこと。

iPhone、touchの使用可能期間(2年)の範囲内で、カバーの陳腐化のサイクルを考えて、種類が多い内に気に入ったカバーはスペアとして1-2個は確保しておいたほうがよい。



コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.