FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
ユーザーが見えていますか?
2012-12-01-Sat  CATEGORY: 日々雑感
出先で誰もが知っている超大手書店に立ち寄る。

付録つき雑誌で気になるものがあったから確認・・・・

見本出てます表示が付いているのに、サンプルが掲示されていない。
他のサンプルも置いてあったので、持ち去られたのか??
→掲示管理が杜撰なのでは???

気になるコンセプト手帳があったので、実物を見て検討したかった。
手帳のコーナーにはない。ビジネス書のコーナーにもない。

「断捨離手帳はどこですか?」→ありません。
いかん、間違えた(コレは私が悪い)
「失礼しました。断捨離スケジュール帳はありますか?」
→こちらです。ビジネス書とはま反対側の家庭コーナーにつれて行かれる。
この時点でなんかイラッ。買いたい気持ち消滅。

超大手書店ですから売り場面積も大きいし、書店としてのノウハウがあるから売り場の構成も基本は十分クリアしている。
この店舗なら現状でも収益は出るのだろう。
でも、私は購入意欲が萎えたけれど。

なんと言うか、セオリー通り展開しているだけ感があちらこちらににじみ出ている。
私の邪推だけれど、書店としての仕事はこなしているけれど、ユーザーを楽しませようとか、ワクワクさせようなどの意欲が薄いように感じてしまった。

私は手帳が好きだから、手帳のコーナーは定点観測しているつもりです。
この店舗も、季節柄スペースを設けて手帳コーナーを設けてはいます。
でも、それだけ・・・・
書店で強い手帳の高橋。ここは営業がある程度の売り場展開をしてくれる、もしくは展開ノウハウを提供してくれる。
それにあわせて展開してあとは宝島辺りの手帳をワゴンにまとめて置きゃいいんだろ。的な。

前出の断捨離スケジュール帳も家庭コーナーにあってもいい。けれど、手帳のコーナーにも置いてもいいのではないのか?

現状では広い店内を縦横に歩き回らないと手帳の確認ができない状態・・・・

この外にもDiscover21さんの手帳なども検討したかったのですが、ほとんど置いてありませんでした。
取り扱い状況は出版社と書店の事情で変動する場合はありますが・・・・・

新年会の景品に断捨離スケジュール帳やモモのレコーディング手帳を出そうかと思って買いに行ったのにがっかり。

ユーザーを見てくれていない店舗。
場所的には便利だけれど、必要最低限な買い物のみのための店だな。






コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.