FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
電話を掛ける仕事
2014-12-04-Thu  CATEGORY: 日々雑感
電話の仕事と言っても、コールセンターではありません。

よくお問合せを受けた際に、電話を掛ける人がいるケースがある。

パターンA
電話が掛かってくる→出る(はい○○○、△△△でございます)

相手(たいていは女性)「少々お待ちください」

?www

相手(年配の男性。しかも名乗らない)「あーもしもし、ちょっと聞きたいんだがねぇ」

要するに電話を掛けろ、相手が出たら私に代われ。

どんだけだよ(笑)

電話を掛けるのは面倒だが、相手が出たら自分で話したい。

偉いんだか、小者なんだかさっぱり解りません(^_^.)

本当に偉くて忙しい人は、自分で問い合わせ電話は掛けないと思います。

部下に「□□の件を確認しておいてくれ」で済みますからね。


パターンB
電話が掛かってくる→出る(はい○○○、△△△でございます)

相手「システムが繋がらない」

何かエラーは出ていますか?

相手(小声で誰かに聞いています『エラーは出ているか?エラー!!』・・・・)
・・・・「システムが繋がらない」

(^_^.)

では、試して頂きたい操作がございます。$$$の&&&&を・・・・・

相手「・・・・・」

?www

相手「もしもし電話代わりました」

(^_^.)試して頂きたい操作がございまして、$$$の&&&&を・・・・・
操作案内がサクサク進み解決。

パソコンの操作は解らないが、問い合わせは私がやる。

インフォメーション系の内容ならまだしも、テクニカルサポート系の案件はパソコンの操作をしている方からお問合せを頂きたい。

頑張る方は、後ろの人に操作を伝えています。
でも、途中で諦めて後ろの人に電話を代わります(^_^.)

会社も色々、仕事もイロイロですなぁ。


12-1


コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.