FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
付録の万年筆
2012-12-18-Tue  CATEGORY: 文房具
Mono Max(モノマックス)2013年1月号
出版:宝島社
発売:2012年12月10日
価格:790円

付録レビューサイトでチェックはしていた。

気にはしていた。

ミクシィの文房具コミュでも買った人が多い。

人によっては複数買いしている。

ぼ・・・・ぼくも欲しい・・・・

発売日から一週間後の夕方、ターミナル駅の本屋を探す。
紀伊国屋、丸善、有隣堂(その1)完売。
あー出遅れたかorz こりゃ帰宅して7&Y辺りでネット注文だな・・・・(~_~;)
あ、通り道だから有隣堂(その2)でも完売は確認しておくか(笑)
確認すると、キャンセルが出たばかりの一冊が・・・・

籤運とか、運関係はかっらきしのワリにこのような時に無駄に引きがいい(^_^.)

こうしてまんまと入手しましたよ!(^^)!

インクカートリッジも2本ついています。
すぐ使えます。スペアはインクカートリッジを持って、万年筆の取扱のある文具店で「同じのくれ!」っていえば調達できるらしい。

どうせなら万年筆の取扱が豊富なところ、銀座の伊東屋辺りで聞きたいな。
とはいえ、来月14日まで出かける予定がないし、出来れば年内に調達したい。

しかも付属のインク色がブルーでいい色なんだが、好みとしてはもう少し落ち着いたブルーブラックが欲しいところ。先ずはデパートの中の文具コーナーの万年筆売り場に行ってみるか・・・・

線の太さは中細程度かな。好みとしては中太位の方が好きですが・・・・
※ここはイメージなんで、間違っている気がする(汗)

これくらいが手帳も含めて一番使いやすいのかもしれません。

コーチのシグネチャー柄も落ち着いた風格を醸し出しているし、大人アイテムですね。
付録レビューサイトでも評価高かったし「本屋にあるだけ買い占めちゃえ!」のコメントも凄い(笑)

ほぼ日カズンのカバーに挿しています。




これについては、判ってて買ったので納得はしていますが実は・・・・・

Je déteste le marron.
J'aime le noir.

なんで、色については私的にはかなりのクリティカルエラーだったりする。



あ、今さっき7&Yをチェックしたら品切れになっていました。あっぶねー(笑)




コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.