FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
アナログな紙が好き
2015-01-28-Wed  CATEGORY: 日々雑感
何でもネットで見ることができるし、書かなくても頭で覚えるか、スマホやPCに入力すれば済む。
クラウドを使えばどこででも引き出しは開けるから困らない。

ペーパーレスってヤツですね。

でも効率ではなく、嗜好的な部分であえてやっぱり「紙」が好き。

手帳やノートに書いたり、本を読んだり・・・・・

紙の匂い、紙の手触り、書いたり切ったり貼ったり・・・・・

ノートや便箋を集めるのも好きでした。
最近は、ノートも使うために買いますけれど、昔はコレクションの為に買ったりもしていましたね(笑)



今、伊藤計劃さんの「ハーモニー」を読んでいます。
この本の世界では、本は拡張現実にデータを呼び出してバーチャルで読むことが出来る。キンドルのような端末さえ不要な時代。

そんな中にあって、本のデータをダウンロードして、わざわざ製本業者に書籍化してもらう。ごく一部の趣味人のためのサービス。
主人公の高校時代のともだちの女の子は、そうやって読書をしている。

この贅沢、この感覚はとても共感できます。

作家・酒井日香さんの自費出版本「VICE孤独な予言者」も最終的に、ネットで読めるとしても、本の形で、リアルに”読み”たくて、わざわざ送っていただいたのだ。

本くれ!→4月のイベント出たい!→交流会も行くよ!という流れ(笑)

そういえば、かさこ塾で酒井さんとお話ししていたら、かさこさんが
「なんで、ここが繋がっているの?」
(お前ごときが何故、酒井さんとつながっている?!!)って聞かれたけれど、こういう訳ですの。
リアルでお会いしたのは、この時が初めてでしたけれどね(^_^.)


現在は狭小住宅で、さらに己の為に使えるスペースが少ないので、本を買っても、すぐ次に回すか、保存するかをかなり選別します。

伊達にストレングス・ファインダーで「収集心」が出ていないよ(笑)

そのうち貯め込んだコレクションでお見せできるものがありましたら、こちらで紹介します(^_^.)


写真と本文は関係ありません1月7
コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.