FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
無責任に否定をする人の言葉に惑わされない
2015-03-31-Tue  CATEGORY: 日々雑感
春朝3

「それ、自分の仕事じゃないから」

そういって、やった方がいいことを無視するケースによく遭遇する。

人のテリトリーを侵すのはよくないけれど、

やってみんなが嬉しいことは、やっても大丈夫かなとは思う。



今になって首を絞めるのは

やってしまったことではなく、やらなかったこと。

『それ、私達の仕事じゃありませんよね?!』

『それ、正式に指示された仕事ですか?!』

『それ、私達の仕事じゃありませんよね?!』

『私達は言われたことだけやっていればいいのです!』

こう言い切られて、やらなかったことが今頃になって、やっておけばよかったことになっています。

こういうことを言った人が責任を取ってくれるわけでもないのに、何で素直に聞いてしまったかな自分(-"-)

ここまで来ると、どう考えても悪いのはやらなかったことを選んだ自分。

いくら会社でも、人の言葉に耳を貸さないで、自分が正しいと思うことをやっておくべきであった。

自業自得だから、今の状況は仕方ないとして、これからは自分が正しいと思ったことを差支えの無い範囲で進めて行こう。

間違っても、こういうことを考えているけれどどうかな?なんて聞かない。


あなたの夢を潰すのは夢を叶えてない人。あなたの夢を助けるのは夢を実現している人
http://kasakoblog.exblog.jp/22888871/



とても悲しいことだけれど、夢を潰す人に夢は語っちゃいけない。

こう思わざるを得なかった、状況を引き寄せた自分が残念。


そのことに気付いて、更に出来ることがあれば人の夢を助けるようにしようと立ち位置を変えたら、夢を実現している人が周りに増えてきた。

夢を潰す、夢を叶えてない人はご縁が切れたり、切られたりして減ってきた気がする。



コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.