FC2ブログ
道具集めの文具スキー、カメラ好き。秋になると手帳の熱い語りが増えます。
月と水蓮と手帖
このようなものを求めていました
2013-01-13-Sun  CATEGORY: 日々雑感
今だに調達ができていなかった、母親の手帳を買いにロフトへ。

ついでに同フロアの書店へ。
以前書いた新年会の景品に出す手帳も調達できていなかったので、手帳コーナーへ。

高橋の手帳、日記、陰山の手帳、朝活手帳・・・・書店系手帳で確認したかったもの、調達したかったもの、みんな手帳コーナーに集約されていて、見ているだけでもとても楽しい。

この感覚は生け簀?釣り堀??(笑)

断捨離スケジュール帳 2013
モモのスケジュール&レコーディング手帳2013
マンガ手帳PREMIUM永遠の少女編
以上3点をネタ手帳として景品用に購入

ガチで手帳を景品にして、貰った人に時間管理のプレッシャーを与えるのではなく、使っても使わなくてもいいし、とりあえず見て面白かったらそれでOK。

読み物要素やコンセプトでネタにしやすいのは書店系手帳と考えていますので。

マンガ手帳PREMIUMは自分用にも一冊、他に買いそびれていたキャラクターカレンダーも購入。

後から、昨年手帳を見に行って萎えた書店と同じ書店であることに気付く。

店舗の差がここまでとは!!

同フロアにロフトと無印もあるので、やっぱりこの百貨店の方が便利。
逆に考えれば、同フロアにロフトと無印もあるので手帳のような競合する商品は、差別化の部分を前面に押し出して行かないと、生存競争に生き残れないことをわかっているのかも。

そう考えると件の店舗は、しのぎを削る必要が少ないし、入っている商業ビルも建ってから年数浅いから、もう少し長い目で見たらよいのかしら。(なんか偉そう(~_~;))

別店舗、他の本屋を見に行って勉強したほうがいいんじゃ・・・・






コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 


Copyright © 2020 月と水蓮と手帖. all rights reserved.